不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方

退去時の敷金返還交渉でトラブルが起きる可能性もありますので、注意しましょう。

不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方

敷金交渉のむずかしさ

賃貸物件を借りる時に、敷金という言葉がよく聞かれると思います。
敷金とは、何かあった時のために大家さんに預けておく保証金のようなものと思って下さい。
もし何もトラブルがなければ、退去するときに返還してもらえるお金を指します。
ところがこの敷金を巡って、退去するときにトラブルになってしまうケースは結構多いです。
敷金交渉をする時ですが、解釈の違いで揉めることもありますので注意しましょう。
例えば、原状回復の費用をだれが負担するかという問題はトラブルの原因となることが多いです。
原状回復費用ですが、どのようなことが原因となって原状回復の工事をしないといけないかによって負担する人が変わってきます。
もし過失や故意によって破損をしてしまった場合には、借主が費用を負担しないといけません。
しかしたとえば日焼けのような過失によるものではない不可抗力による経年劣化の場合には、借主は負担する必要はないことになっています。
しかし大家さんの中には、昔気質の人もいて、経年劣化でも敷金を使ってしまう人もいます。
原状回復費用の解釈ですが、国土交通省が設定しているものなのですが、拘束力のある法律ではなく、ガイドラインであるところもポイントです。
原状回復の負担を認めようとしない大家さんと対峙するときに、自分自身で交渉ができるかどうかが問題になります。
もし話し合いができるのであればいいのですが、中には一切こちらの言い分を聞かないという大家さんもいます。
その場合には、敷金の返還をするために訴訟をしないといけなくなってしまう可能性もあります。
敷金交渉をする時には、自力ですべて行おうと思わないようにしましょう。
やはり法律のプロである弁護士の方に相談することも、視野に入れておくべきです。
敷金交渉をする時には、弁護士もしくは司法書士の方に相談をすることです。
その他でも詳しい人であれば相談できるような感じもしなくはありませんが、いざ訴訟をする場合、原告の代理人として手続きを進めるためには、弁護士もしくは司法書士資格を持っている人でないといけません。
敷金交渉の代理人をしている人は、日本全国にたくさんいます。
しかし中には、弁護士や司法書士の資格を持っていないケースもあって、実際に事件になったケースもあります。
ですから、敷金交渉をお願いする場合には、相手が弁護士もしくは司法書士の資格を持っているかどうかを確認しておきましょう。
少額訴訟であれば、自分でも訴訟ができますが、やはりプロの人に任せた方が安心です。

注目度がUPしているネタを用意。下記のホームページがイチオシです

Copyright (C)2017不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方.All rights reserved.