不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方

通常休日を使って見学する人が多いでしょうが、平日の夕方に見学する方法もあります。

不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方

見学をするタイミング

インターネットなどを使ってほしい賃貸物件についての情報を収集していると、いいなと思えるような物件に出会える可能性があります。
その場合には、実際に物件の見学をすることで、その賃貸物件を借りるかどうかの最終的な判断をすることになります。
ところで、皆さんはいつ、見学をするでしょうか?
たいていの人は、度地にの週末を使って見学をするのではないでしょうか?
土日の場合、休日と言う人が多いので、1日フルに使って見学ができます。
このため、時間を気にすることなく、じっくりと見学することができるわけです。
しかし中には、土日もどうしてもいろいろな付き合いがあって、時間を確保することができないという人もいるでしょう。
その場合には、平日を使って見学することも検討すべきです。
実は、平日に見学をすることで、休日ではわからなかった情報が見えてくることもあります。
例えば騒音の出方ですが、休日と平日とでは全く異なることがあります。
例えば、幼稚園や小学校が近くにあった場合、週末は休みなので、さほど気にならないと思います。
ところが平日になってみると、子供たちの声や音楽の時間の音などが漏れて、結構うるさいということもあります。
これが平日の間ずっと続くということになれば、かなりの苦痛が伴う可能性もあります。
平日の日中は仕事があるので、見学するときには平日に夕方以降ということになるケースが多いでしょう。
実は夕方に見学することが、メリットになる可能性があります。
例えば、街灯が一気に暗くなるようなエリアもあります。
このような情報は、日中にチェックをしてもなかなか見えてこないことであるはずです。
女性の家族がいる場合には、夕方以降外に出るのは少し心配になってしまいます。
また近くに繁華街があって、学校を通学するためにはそのエリアを通り抜けないといけないということも、夕方以降に見学をすることで、初めて気が付くこともあるかもしれません。
このような所を子供に通わせることは、少し気が引くという人もいるかもしれません。
またカラオケ店やスナックがあって、夜間は結構うるさいということもありますが、日中はなかなか見抜けない可能性もあります。
結構繁華街も、日中にチェックをしている時が付きにくいことがあります。
エリアによっては、昼間と夜間では全く違う表情をするところもあるということは理解しておきましょう。
ですから、賃貸物件の見学をする時には、あえて平日の夕方以降を狙ってみるのもメリットがあると言えます。

注目度がUPしているネタを用意。下記のホームページがイチオシです

Copyright (C)2017不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方.All rights reserved.