不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方

即入居可の物件は、部屋の内装にあまりお金をかけていない可能性があります。

不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方

即入居可は確認すること

即入居可はすぐに引越しができるので、時間的余裕のない人からしてみると魅力的な物件と言えるかもしれません。
しかし一方で注意すべきこともあります。
即入居可の場合、物件に問題があるので、空き部屋になっていてすぐに入居できるようになっている可能性もあります。
そこで、まずは実際に物件を実際に見学することが大切です。
そして不動産会社の営業マンが付いてきてくれるはずなので、いろいろと気になることについて質問してみましょう。
例えば、どのくらい部屋が空き室の状態になっているのか確認すると良いでしょう。
そしてなぜ空き部屋になってしまったのか、質問することです。
そうすれば、空き部屋になっている理由が分かります。
もしその理由が物件の問題によるものではないと確認できたのであれば、賃貸物件を借りるという選択肢も出てくることでしょう。
また部屋の窓が閉めっぱなしの状態になっている可能性がありますので、部屋の中がかび臭い状態になっているかどうかの確認をしておきましょう。
即入居可の場合注意したいのは、内装をそのままの状態で使うことになる可能性があるという点です。
即入居可の賃貸物件を見てみると、あまり手をかけていない可能性があります。
長いこと空き部屋の状態になっているということは、その部屋では収益が上がっていない、赤字の物件となっているわけです。
このため、大家さんとしてみれば、できることならあまりお金をかけたくないと思っている人も多いのです。
そこで、壁紙に汚れが付いていないかどうか確認をしましょう。
張替えには上のような理由で応じてもらえない可能性がありますが、確認することは大切です。
もし確認をしていないと、退去するときに壁紙が汚れていると、あなたが汚した扱いにされる可能性があります。
その結果、敷金が戻ってこなくなってしまう恐れもあります。
そこで重要なのは、入居前から壁紙が汚れていたことを指摘することです。
そして不動産会社や大家さんに確認をしてもらえば、敷金を不当に差し引かれる心配がなくなります。
また鍵の交換をしてくれるかどうかも確認しておきましょう。
場合によっては、前の住民が合い鍵を持っている可能性もあります。
そうすると泥棒に入られるなど、余計な心配をしないといけなくなってしまいます。
部屋の鍵を交換してくれるかどうか、好感の費用はどちらがもつのかということは、契約をする前にきちんと確認することが重要です。

Copyright (C)2017不動産を目が肥える 優良物件の見抜き方.All rights reserved.